fc2ブログ
Welcome to my blog

「姫」はいますか? (by 是能彦様)

月 桂樹

リンクを張らせてもらってるSDブログサイト、遊優娘々blogの是能彦様が、とてもいい記事をお書きになっていましたので、私も便乗させていただこうと思います(コラ)

うちの「姫」は、やっぱりリノンちゃんだと思います。

P3150614.jpg

一番可愛いっていうのもありますが、でもやっぱり私にとってこれまでお迎えしてきたSDの中でも、特別な存在だからです。
私が初めてお迎えしたSDでもありますし。実は去年、仕事でいろいろありまして、体も精神的にもぼろぼろになりました。そして・・・「もうこんな仕事やめてやる!!!」と思ったことがありました。今の仕事について、自分の将来についてすごーくすごーく考えて、12月に「3月で仕事辞めさせてください」って言おうと思ってました。
でもいざ12月になって、これから先のことを考えたとき、今の仕事で、今のお給料だからこそリノンちゃんのお洋服が買えてる・・・リノンちゃんたちの仲間たちを増やすことができる・・・。じゃあ今の仕事辞めて、今よりもお給料が安いところについたら?って考えたとき、真っ先に思ったことが、「リノンちゃんのお洋服、買えなくなる!」ということでした。
一番先に考えたのは、自分のことじゃないんです。リノンちゃんのことなんです。
リノンちゃんは生きてるわけじゃないし、食べ物も必要としません。お洋服だって、別に買わなくてもいいんです。でも、私にとってリノンちゃんは、私と同じ存在なんです。
そう考えたら、「きつくても今の仕事、続けよう」って思い始めました。
リノンちゃんのために・・・そう考え方を変えたら、仕事へのしんどさは少し軽減された気がします。
もちろん、仕事しんどいですけど(笑)
でも私、あのときリノンちゃんがいなかったら、さっさと仕事辞めてたんだろうなって今思います。
リノンちゃんは私を救った「姫」なんです。

他のオーナー様がリノンちゃんを所持されてても、おのおののリノンちゃんは存在意義が違うし、性格も違うと思うんです。同じ顔。でも別人。それぞれのオーナー様が、それぞれの愛し方で愛してるリノンちゃん。
同じ顔をしてても、その子たちは、この世にたった一人の子。
だから大切・・・・。

リノンちゃんは私にとっての「姫」で特別な存在であり大切ですが、大切なのはリノンちゃんだけじゃないです。
うちに来た子、みんな大事な子。私の理想から生まれた子もいますし、他のオーナー様から譲り受けた子もいます。もちろん、私が初めて組み立てて、メイクして生まれた子もいます。

P3150622.jpg

P3150618.jpg

P3150619.jpg

この子たちはみんな名前を与えられ、それぞれの性格を持っています。
この世に同じ人間が存在しないのと同じで、この子たちもまたそれぞれ・・・。

「オーナー、今日は私を撮影に連れてってよ!」
「オーナー、新しいお洋服がほしいな♪」
「オーナー、この子が私をいじめるよぅ~!」

今日も私は、ドールたちのささやきの中で生きています★
さてさて、是能彦様から発せられた一言・・・「姫」はいますか?
私もこのブログを読んでくださっている皆様に問います。


「姫」はいますか?


そして、合わせて問います。


「あなたにとって、SDとはどんな存在ですか?」



・・・ん?誰だ?今、「クロエお迎えしてほしいよぅ~」ってささやいた子は!!!!・・・やっぱりルナか!!!(台無し)


PS.是能彦さん、タイトルお借りしてしまってすいません!都合が悪ければ、記事を削除させていただきます!!!ごめんなさい~!!!
スポンサーサイト



Posted by月 桂樹

Comments 2

There are no comments yet.
南井 猶倖  
良記事ありがとうございました。

はじめまして~
ブログ村よりやってきました。
姫は いますか?  良い問いですね。
まさしくうちにもそんな姫がいます。
この娘(達)がいるから 自分は頑張れる。
そんな存在です。

2013/03/17 (Sun) 22:10 | EDIT | REPLY |   
月 桂樹  
ご訪問、ありがとうございます!

南井様初めまして!!!コメントありがとうございます♪
実はこのタイトル考えたのは、リンクをさせてもらってる方なんですよ。
その方も、とってもいい記事を書いてまして・・・。
私はそれに便乗しただけです(苦笑)

南井様のところにも、素敵なお姫様たちがいらっしゃるんですね!
その子たちと末長く一緒にいられるよう、私も願っております。
また遊びに来てください!待ってますっ★

2013/03/19 (Tue) 23:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply